皮膚炎が起きるしくみ


皮膚炎のメカニズムは免疫機能のメカニズムと密接な関係があり、皮膚炎=免疫反応と理解して間違いありません。免疫反応を左右しているのが白血球なのです。白血球はいわば体内の“掃除屋さん”と言っても良いほど体内浄化に欠かせない重要な役割を果たしているのですが、過剰反応する時があります。これが皮膚炎です

異物が体内に混入して異変を感じ取った細胞が、化学伝達物資を放出して白血球にSOSを発信すると、白血球が異物へ向かって集められます。この時に毛細血管が影響を受けて急激に拡張するゆえに発赤します。これが紅く腫れあがった状態です。毛細血管からは血しょうが漏れ出す事で腫れ上がります。白血球が異物近辺にたどり着くと化学伝達物資を放出して猛攻撃を開始します。激しいかゆみが生じ皮膚炎はさらに悪化していきます。ですから皮膚炎が発症するという事は体が元の健康な状態へ戻そうと働いている状態ですから、体にとっては必要な機能なのですが免疫機能が過剰に働いてしまう事があるのです。

激しいかゆみは化学伝達物資を神経を刺激して脳の中枢に伝わった時に“かゆみ”と認識されておきる症状です。免疫機能が異常反応してしまう原因はまだ詳しくわかっていませんが、食生活の乱れやストレスが大きく関与して起きる事までは解明されていますから、今後の研究に期待したいところです。


皮膚炎の種類


通常の肌荒れは真皮内で起きる事が多いゆえに大半の美容化粧品は、真皮層でのコラーゲン補給や色素沈着を予防するための有効成分を補う事で健康的な肌を維持しようとしますが、肌に合わない化粧品や薬品または洗剤を使うと真皮層に異常が起きて皮膚炎を引き起こす事があるように、物理的刺激で発症する皮膚炎があります。

紫外線攻撃や乾燥など外からの刺激で、真皮層でのコラーゲンやヒアルロン酸の減少を招いて、湿疹やかぶれ等が生じる事もあります。高カロリーな食生活や生活習慣の乱れからアレルギーを発症する事もあります。皮膚炎の治療はまず発症元を突き止めて適切な処方をするところから始まります。女性は特に表皮が男性よりも薄く外的刺激を受けやすいですから、洗顔1つとっても丁寧なケアを日頃からしているかどうかによって、皮膚炎の発症頻度は違ってきます

元々アレルギーを引き起こしやすい人や内臓の病気が、皮膚炎の原因になっている事もあります。肌荒れで悩んでいる人は皮膚科などを受診してみるのも、正しいケアをしていく上で役にたちますからオススメです。また、最近ではアトピー性皮膚炎などに効果のあるスキンケア用品も出てきています。インターネットなどの普及で手軽に購入できるようにはなりましたが、商品の質の良し悪しや、口コミなどの評価を参考にじっくりと検討してから購入するようにして下さい。皮膚炎がどういった流れで進行するかは免疫機能との深い関係があります。皮膚炎の発症システムは免疫機能のシステムであると言っても過言ではありません。

外部リンク<アトピーケア用品|みんなの肌潤糖