皮膚炎の種類


通常の肌荒れは真皮内で起きる事が多いゆえに大半の美容化粧品は、真皮層でのコラーゲン補給や色素沈着を予防するための有効成分を補う事で健康的な肌を維持しようとしますが、肌に合わない化粧品や薬品または洗剤を使うと真皮層に異常が起きて皮膚炎を引き起こす事があるように、物理的刺激で発症する皮膚炎があります。

紫外線攻撃や乾燥など外からの刺激で、真皮層でのコラーゲンやヒアルロン酸の減少を招いて、湿疹やかぶれ等が生じる事もあります。高カロリーな食生活や生活習慣の乱れからアレルギーを発症する事もあります。皮膚炎の治療はまず発症元を突き止めて適切な処方をするところから始まります。女性は特に表皮が男性よりも薄く外的刺激を受けやすいですから、洗顔1つとっても丁寧なケアを日頃からしているかどうかによって、皮膚炎の発症頻度は違ってきます

元々アレルギーを引き起こしやすい人や内臓の病気が、皮膚炎の原因になっている事もあります。肌荒れで悩んでいる人は皮膚科などを受診してみるのも、正しいケアをしていく上で役にたちますからオススメです。また、最近ではアトピー性皮膚炎などに効果のあるスキンケア用品も出てきています。インターネットなどの普及で手軽に購入できるようにはなりましたが、商品の質の良し悪しや、口コミなどの評価を参考にじっくりと検討してから購入するようにして下さい。皮膚炎がどういった流れで進行するかは免疫機能との深い関係があります。皮膚炎の発症システムは免疫機能のシステムであると言っても過言ではありません。

外部リンク<アトピーケア用品|みんなの肌潤糖


皮膚炎発症メカニズム


今回は“皮膚炎が起こるメカニズム”がテーマです。皮膚炎と言うとアトピー性皮膚炎を思い出されますが、アレルギー性皮膚炎の代表格として一般に知られている症状の1つです。他にも紅い湿疹が無数に出来てしまうものや尋常でないかゆみに悩まされるものなど多種多様な症状でとても辛い思いをします。

発症年齢に制限がなく早期では乳幼児で発症するケースも珍しくありません。ところで湿疹・皮膚炎・かぶれと皮膚の病気は複数ありどれも似たような症状をもっていますし一般的にもよく耳にしますが、その違いは何かと聞かれてもうまく説明できない人が多いはずです。湿疹とは皮膚表面が炎症を起こしている状態ですから皮膚炎そのものです。かぶれというのは発症源となったものに肌が触れた結果、皮膚が炎症を起こしたものですからこれも皮膚炎です。発症元が体内にあるか体外にあるかの違いだけですからかぶれ。湿疹・皮膚炎は同一扱いで問題ありません。

皮膚炎はいかにして発症するかといったメカニズムを理解するために、皮膚構造について少し理解を深めておきますが、化粧品や美容に多少でも詳しい人はご周知の通り、皮膚は皮下脂肪・真皮・表皮の三層からなっており、それぞれに生物の体を保護するために重要な役割を担っています。最も深部にある皮下脂肪は外気刺激から体を守るのと同時に、エネルギーを蓄える役目もありますし、真皮は末梢神経や血管および皮脂腺、汗腺と共にコラーゲンや潤い成分など、美しく健康的な肌を維持していくために重要な成分が大部分を占めています。さらに肌を外気から保護するために表皮があります。